難症例に的確に対応するインプラント治療を行います。

インプラントとはチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み(チタンは骨と結合する性質があります)その上に土台とかぶせものを装着して新しく歯として噛めるようにする方法です。

インプラントは失われた歯の機能回復を目指す治療方法のひとつです。

歯を失ってしまった場合に入れ歯やブリッジとともに検討されることの多い治療方法ですが、当院ではたんに歯の機能を取り戻すことだけでなく、将来的なお口の機能維持を念頭に治療方法を検討したうえで患者さまにインプラント治療をご案内するようにしております。

難症例にも対応することが可能となっておりますので、ほかの歯科医院でインプラント治療が困難であるという判断を示された方も、当院まで一度ご相談いただきたいと思います。

失った歯をそのまま放置しておくと…

図1のように歯がないスペースへ向かって隣の歯が傾いていったり、図2のように歯がないスペースへ向かって噛み合う歯が伸びていきます。

このような状態が続くと、健康な歯や、歯茎にも影響を及ぼしてしまいます。

インプラントは、残ってる歯への負担が少なく、自分の歯に近い状態で生活でき、審美性・快適性に優れた治療法となります。

インプラントの治療の流れ

  1. 治療方針について

    まずは治療方針についてご納得頂けるまで何度でも細かくお話しさせていただきます。
    必要であればレントゲン撮影や歯周病検査等も行います。
    当院ではインプラント治療を行う患者様に対してはより安全に施術するために必須でCT撮影を行います。

  2. 術前処理

    必要と判断された方には歯周病処置や虫歯処置、クリーニング等の術前処置を行います。

  3. インプラント1次オペ

    顎の骨にインプラントの人工歯根部分を埋め込む手術です。この状態でインプラントと骨が結合するまで1,5~6か月待ちます

  4. インプラント2次オペ

    丁寧に正しくブラッシングを繰り返すことで、プラーク(歯垢)の磨き残しが少なくなります。
    一緒に正しいブラッシングの習得をしましょう。

  5. 型取り

    まわりの歯肉が治癒したら型どりを行って土台とかぶせものを装着します。

  6. メンテナンス

    所定の期間でチェックやお掃除を行います。

インプラント実例

CASE.1

もともと入っていた入れ歯が合わず、やり替えたケースです。
歯がないところにはインプラントを使用し、すべての歯をやり替えることで噛み合わせを理想の状態に整えました。
将来的に仮にどこかの歯が悪くなったとしても噛み合わせからやり替える必要がなくなるので将来を見据えた理想的な治療といえるでしょう。

はまだ歯科

〒664-0858 兵庫県伊丹市西台2-7-18 エスポワールコナカビル1階
  • はまだ歯科
9:00-13:00 × ×
15:00-19:00 × ×
14:00-18:00
月1回日曜日開院

Copyright Hamada dental . All Rights Reserved.